若松地区コミュニティ大会

0

    1028日(日)、若松地区のコミュニティスポーツ大会の日は晴れであった。845分集合であったが、5分ほど前に到着すると余丁町小学校の通用門は空けられており、大会実行委員よりも早く選手のみなさんが会場に入っていた。若松地区の輪投げは有名である。ただし、輪投げ競技は午後の部、体育館で午後1時開始を予定している。なぜ、こんなに選手のみなさんが来るのだろう。それは前庭に良い場所を取り、午前中から練習を始めるのである。

    この日の天気が晴天であたたかいことは非常に重要である。体育館で大会実行委員長の指示でスタッフ全員、午前中の役割を確認し、動き始める。体育館の中にあるマットなどを倉庫に入れ、安全な環境を整える。スポーツ推進委員は午前の種目であるユニカール、ボッチャの準備を手分けして進める。ボッチャは初めてであるが、他地区のスポーツ推進委員の方の助けもあり、非常に大きな立派なコートが出来上がる。午前の開会式は大会会長の司会で始まり、競技がスタートする。

    私は2レーン作ったユニカールの審判を行う。今回は時間の都合のため、8チームのトーナメント戦で1試合4回戦までとした。私のレーンでは4試合が行われ、空いた時間に敗者同士の試合を行った。

    ユニカールは非常におもしろいスポーツであるが、高齢者、女性にはストーンが重く、円の中心まで届かない。もう少し工夫していかないと今後、普及はかなり厳しいのではと感じた。

    隣で行っていたボッチャは今回、初めてコミスポに取り入れた競技で参加チームは5チーム、総当たり戦で行った。ただし、これも2回戦までとゲーム内容は少し短かったと思う。隣で行っているボッチャの歓声が審判をしている私の耳にも響いた。

    午前の表彰式も無事に終わり、昼食前に輪投げの準備に取りかかる。4mのラインテープ、輪投げ台の設置を輪投げ実行委員といっしょにスポーツ推進委員がきびきびと働いていた。昼食後は若松地区の一大イベント輪投げ大会の始まりである。台の数は10台、総勢230名を超える方が参加し、体育館の中は熱気ムンムンである。

    審判を行うスポーツ推進委員、育成委員の方も緊張する。若松地区は同じ台で3回(1回の9投)投げ、合計点を競う。個人、チーム(31組)、町会と3種目で優勝を競い、順位を付ける。体育館での試合前の練習はなし。そのために選手のみなさんは朝の9時前から前庭で練習を行っていたのです。

    午後の開会式を1時少し前に終え、輪投げスタート。各台から歓声があがり、みなさん、真剣に9本の輪を的に狙って投げ始める。競技時間は90分ほどかかり、午後230分前に終了する。採点に時間がかかるため、ハワイアンダンスなどで参加者を引き留める。ただし、結果が残念な人たちは閉会式まえに帰宅する方も多い。閉会式は3時前に行われ、個人賞は116点を獲得した戸山ハイツ東地区の女性の方、チーム戦、町会対抗も戸山ハイツ東地区でした。

    おもしろい賞は個人戦のブービー賞で今回は4名同点の方がいらっしゃいましたが帰っていった方が多く、残っていた1名の方が賞品をゲットしました。お米が賞品としてもらえます。朝から長い1日でありましたが、ケガ人も出ず、無事に終了しました。他地区から応援にいらしていただいたスポーツ推進委員のみなさま、ありがとうございました。


    10月28日大久保地区コミスポ

    0

      10月28日に大久保小学校で開催された「大久保地区コミュニティースポーツ大会」に各地区のスポーツ推進委員が会場設営や審判として運営のお手伝いをしました。

      大久保コミスポ準備体操1大久保コミスポ準備体操2

       

      大久保地区では人工芝の校庭で輪投げとボッチャ体験を行い、体育館でビーチボールバレーとユニカールの審判を行いました。 また、校庭のストラックアウトやパン食い競争にも参加させていただき楽しい一日を過ごしました。

      大久保コミスポ輪投げ大久保コミスポユニカール大久保コミスポバレー大久保コミスポパン食い大久保コミスポボッチャ


      10/14(日)四谷地区コミュニティスポーツ大会

      0

         10月14日(日)四谷中学校で四谷地区コミュニティスポーツ大会が開催された。朝降っていた雨も開会式の時間にはすっかり上がってスポーツ日和の日曜日になった。地区担当スポーツ推進委員4名とOB1名の指示の元、他地区からの協力スポーツ推進委員8名が輪投げ、ユニカール(小学生の部も)、ビーチボールバレー、ボッチャの競技進行を行った。12月に開催される中央大会さながらの白熱した試合が繰り広げられる一方で、競技参加者が準備や片付けに積極的に協力する姿が見られてスタッフと参加者が一体となった素晴らしい大会だった。中央大会での活躍を祈ります。


        10/21(日)落合第二地区コミュニティスポーツ大会

        0

          10/21(日)落合第二地区コミュニティスポーツ大会

          10月21日日曜日、新宿区全10地区のうち4番目の開催となる落合第二地区コミュニティスポーツ大会が開催されました。落合第6小学校に朝8:30よりスポーツ推進委員現役12+OB1名にて駆けつけ、会場準備から競技運営進行とも携わらせていただきました。

          競技種目は以下の写真順に輪投げ、ユニカール、ビーチボールバレー、ボッチャの4種目。合間にパンくい競争、ビーチボールバレーは本大会予選とそうでない部門とで午前午後など、落二ならではの工夫が随所にあり、また地域のスタッフの方も充実していて、スタッフの方が選手としても参加してなど本当に和気藹々楽しい時間をお昼を挟んで過ごさせていただきました。記事を書いているOは新米ながらも楽しい雰囲気になじませていただき感謝感謝でした。

          以下の写真で雰囲気を感じてください。改めまして順番は[愿蠅沖▲罐縫ールビーチボールバレーぅ椒奪船磴箸覆蠅泙后ボッチャは今年からということもあり、競技説明を行ったところこの食い入るような参加者の姿勢。イヤー老若男女で盛り上がりました。

           

           

           


          10月14日榎コミュニティスポーツ大会

          0

            10月14日日曜日榎地区コミスポが鶴巻小学校で開催されました。地区で他のイベントがあり例年より参加者が少なくなるのではとの懸念もありましたが、150名を超える参加者があり大変盛り上がりました。

             

            コミスポ定番輪投げ

            午前中はに行われた輪投げは小学生から子供やお年寄りまで楽しみました。中には5才の輪投げ初体験の挑戦者もいて、なかなか点数が入らず、場が和みました。

             

            実力者の揃うユニカール

            榎地区はユニカール去年の中央大会の優勝チームが競う強豪地区です。参加者はベテランぞろいでしたが、皆さん緊迫した雰囲気の中日頃の練習の成果を十分発揮し楽しみました。

             

            みんなで楽しむボッチャ

            輪投げ終了後、表彰式までの空き時間でみなさんにボッチャの体験をして頂きました。『小学生vs.おじいちゃん・おばあちゃん』なんて試合もあり、とても盛り上がりました。

             

            『力か?技か?』:ビーチボールバレー

            午後はビーチボールバレー、白熱した試合が続きました。決勝戦は新旧対決。『技 vs. パワー』のを象徴するの試合となりました。最後までもつれましたが、結果、『技』を要するベテランチームの優勝となりました。

             

            豪華な景品が!

            榎地区のコミスポは育成会の方々のご協力のおかげで、毎年とても豪華な景品が揃っています。メロンやフルーツの盛り合わせ、お菓子など。高齢者の方には参加しただけでも景品があり、全員に参加賞もあります。

             

            ご協力頂いたPTA、育成会の皆様、スポーツ推進委員ありがとうございました。また来年も協力して榎のコミスポを盛り上げていきましょう。



            記事を検索

            カレンダー

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>

            エントリーされた記事

            カテゴリー

            archives

            リンク

            profile

            others

            モバイル・スマホ用アドレス

            qrcode

            ホームページ